ほっこりぱんだ堂

陶芸人形や消しゴムはんこ作りが大好きです。 私の作った作品をご紹介していきます。 「ほっこり」とした時間をお届け出来たら嬉しいです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バオウとバホバホ

ブログ用 208

真ん中にいるのがバオウ。
まわりにいるのがバホバホ。

「 森の叫びやのバホバホの詳しい情報は5/3のブログに載せてあるので
画面左側の下の方にある ブログ内検索 のとこに バホバホ と入れると
バホバホ情報がわかります。 」

1度読んだ方もまだ」読んでない方も、バホバホを読んでから、
今日のブログを読むことをおすすめします。



さてさて、
バオウは、唯一バホバホ達を黙らせることが出来る いわばバホバホの神
といったところでしょか。

バオウのお腹の中にあるエンジ色の白いお花のような模様のついた玉。
この玉はバホバホ達に連絡がある時、光輝きバホバホ達にしかわからない音をかもし出します。
バホバホ達はこの音を聞いて、自分のねぐらに帰ったり、バオウの所に集合したりします。

週に1度は、バオウによばれバホバホ達は自分がどれ位大きな声を出したかとか
どれだけ遠くに飛ばされたかとかを、バオウに得意げに話します。
バオウは一人一人のバホバホ達の話をにこやかに聞き、
一人一人の頭を撫でてやり、「すごいわね~」「がんばったわね~」と
ほめてやります。
バホバホ達はみんな嬉しくなり、バオウをとりかこんで、歌いながら踊りはじめます。
そして、宴もたけなわになってきたところで、バオウのソウルフルな歌が始まります。
魂の叫びのようなバオウの歌声に、バホバホ達は皆、涙を流し体を震わせ
歌に酔いしれていきます。
あまりの高揚に気を失うバホバホ達も続出し、バオウが満足した所で、
宴が終わります。
失神状態のバホバホ達を、バオウは玉を光らせ無理やり起こし、
森へと帰します。


これがバオウなのです。




スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pandadou.blog118.fc2.com/tb.php/264-9dcac469
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。