FC2ブログ

ほっこりぱんだ堂

陶芸人形や消しゴムはんこ作りが大好きです。 私の作った作品をご紹介していきます。 「ほっこり」とした時間をお届け出来たら嬉しいです。


ブログ用 131

今から2300年も前のお話
時は弥生時代・・・
邪馬台国の女王 卑弥呼が国々を従えていた頃のこと

ある村にヤトマンという、若者がいた。
ヤトマンには心寄せる娘がいた。
娘の名はヒロ 隣村の村長の娘だ。
ヒロもヤトマンに思いを寄せ、いつしか二人は恋仲になった。

しかし、この時代 村々の戦が激しく、ヤトマンの村とヒロの村も
互いに険悪の仲だった。

そして、とうとう互いの村の戦がはじまり、ヤトマンとヒロは
駆け落ちを決心する。

手に手をとって、皆が寝静まる頃、漆黒の闇を二人はどこまでも走った。
太陽が昇る頃、二人は高い高い岩山の頂上にいた。
自分達の捨てた村が太陽の光を受けて鮮明に見えてきた。
なんということだろう。
二人の村は焼かれていた・・・

ヒロはショックを受けて、岩山から落下し 帰らぬ人になってしまった。

一人になってしまったヤトマン

ヤトマンな泣きながら叫びつづけた。
いつまでも、いつまでも、
無念でござる・・・と

スポンサーサイト