ほっこりぱんだ堂

陶芸人形や消しゴムはんこ作りが大好きです。 私の作った作品をご紹介していきます。 「ほっこり」とした時間をお届け出来たら嬉しいです。


ブログ用 023

これは息子が幼稚園の頃作った作品
   「 七福神 」

うちの息子は小さい頃から色々とこだわりがある。
まず色!色が好き!
1歳の頃、言葉を覚えはじめると、次々と色を覚えはじめ
100色いろえんぴつや200色クレヨンなどを欲しがり
買ってやると、それは決して使わず、きれいなグラディーションを
かもしだしながら並べて満足していた。
あと、4歳の頃は妖怪にはまり、私にパソコンで妖怪のホームページを
探させ、毎日みていた。七福神もその頃はまっていた。
幼稚園で、友達とグループ名を決めるときも、
「七福神グループにしよう!」とはりきり提案したが
もちろん、みんなにあっさり却下され、めげずに「じゃあ妖怪グループがいい!」
と提案するもスピード却下されたりしていた。
友達はみんなウルトラマンとか戦隊シリーズとかに夢中の中
息子は友達に「妖怪ごっこしよう」と言ってた。
・・・・妖怪ごっこができたことはあまりなかった。
2年ごとくらいにこだわる物が変わっていくが、いままでこだわった物も
相変わらず好きなので、年々息子のこだわり物が増えていき
しまう場所がなくなってきた。
そんな息子も今では6年生、あいもかわらずこだわっている。
お笑い芸人グッズ。チュッパチャップス。
あと、わけわかんないのは、自分の家でトイレに行くときのルートが
あるらしく、この部屋にいる時は絶対このドアからとか
この廊下を通って行かなくちゃ絶対ダメとか決めてるらしい。
漏れそうなくらいの状態で、自分の決めたルートは遠回りだとわかっていても
もっじょもっじょしながら自分のルートでトイレに行く息子。
・・・・・・・   はぁ~   
  息子のこだわりをず~っと自由にさせてきた
 これからも私は自由にさせるだろう。
 
                  いいのかな・・・
                         
                         OKだ!!
スポンサーサイト

ブログ用 013

湯のみ茶碗です。
これは結構昔に作った作品です。

今日は息子も旦那も休み。
朝、ゆっくりしていたかったのに
いつもの時間にぷりんに起こされ、
山のような洗濯物をやっつけ、
旦那にぷりんの散歩に行かせ、
掃除機をかけさせ、息子に宿題をやらせ、
その間にブログをやろうと、まさに今やっているのだが
掃除機の音がうるさい・・・・
息子がわかんねぇ~ママ教えて~とうるさい・・・
ぷりんが遊べとうるさい・・・・
ヴォーーーーーー!!
なにをブログに書こうと思っていたのかわからなくなっちまった。
旦那と息子は休みでも、私にとっては休みではない・・・
私に休みは無い・・・・・
ヴォーーーーーー!!
私にも休みをーーーープリーーーーズ!!

全く考えられなくなってきたので、
                今日はこれにて御免つかまつる!!
       

アトリエ赤赤舎 014

くまのケンさん

ケンさんは森の中の小さな」おうちに住んでいる。
毎日、一人で森の中をぐるぐる歩く。
ある日、森の中をぐるぐる歩いていると、
道に迷った可愛い女の子とばったり出会う。
女の子は驚き大声あげて逃げちゃった。
だけどケンさん追いかけた、
だってハンカチ落としたよ、白いレースのきれいなハンカチ
やっとのおもいで追いついた。
ケンさんハンカチわたしたよ。
ついでにお茶にさそったよ。
不安な顔の女の子、だって相手はくまだもの。
だけどケンさんねばったよ。絶対食ったりしないって。
お腹がへってた女の子。
食事をさせてくれるなら、ほんとになんにもしないなら。
ケンさん、喜びはりきった。
パンにスープにサーモンムニエル、木の実サラダにアップルパイ
10年ものの、ひなげしハチミツ。
お腹いっぱい女の子。ごちそうさまと席たった。
ケンさん慌てて、ひきとめる。
今夜一晩泊まってよ。
そんな約束してないわ、お腹もいっぱい、もう帰る。
さっさっと帰った女の子。
ケンさん一人ぼっちでお片付け。
それから今日の反省会。
泊まれはやっぱりまずかった。
今度はワインを飲ませよう。
名前も今度はプーと言おう。
地毛も黄色に染めちゃおう。
次はきっと上手くいく。

今週の標語・・・・・気をつけよう 森のくまさん 蜜の罠

顔小皿です。

アトリエ赤赤舎 022

手前が にこ 後ろが むぅ

ところで、今日はもうGWなの?
昨日26日(土)からなの?
それとも29日(火)から?

まあこんなにしつこく聞いてるわりには、どっからでもいいんだけど。
なんだかお天気もはっきりしないね。

私の風邪も病院で薬をもらって飲んだら、かなり良くなったというのに
やはり、風邪をひいた時は抗生物質にかぎる。
風邪菌に進入された私の体は、スーパーヒーロー抗生物質マンの
助けが必要だ。
私の体の中のぱんだぷりんマンは平和主義者なので、
風邪菌と戦おうとしない、LOVE&PIECE なのだ。

今回はGW目前の風邪だったので、早急に病院に行った私だか
普段はよっぽどでないと病院へは行かない。
なぜか?待ち時間がすんごく嫌いなのだ。
時間がもったいないし、違う風邪菌まで吸い込んでしまいそうだし
ますます具合が悪くなる時がある。
しかし、抗生物質マンを手に入れるためには行くしかない。
そして、せっかく行ったのだから症状を少し大げさに言い、
1日分でも多くの薬をゲットできるよう、先生に直訴する。

これが、ぱんだぷりん流 薬のもらい方だ!!


ぽとりん

アトリエ赤赤舎 005

ぽとりん達は仲良しこよし
仲良しこよしはどこへ行く
いーつもふたりでお池へと
お弁当もって歌うたい
池のほとりで昼ごはん

ぽとりん達は水の妖精
水の妖精の子供だよ
だーからふたりは雨が好き
ラジカセかけてダンシング
かえるはおどろき逃げちゃった

ぽとりん達は時間にきびしい
時間にきびしく育ったよ
でーもねたまにね帰るのが
遅れてしまって母さんに
鍵をかけられないちゃった

            [ 童謡ぽとりん  作詞、作曲 ぱんだぷりん ]

水仙とぷりんパンツ 019

ぷりんが乙女になりました。
まだ7ヶ月なのに早くないかい。

お赤飯を炊かなくては!

そこら辺に血がつくので、さっそくオムツを買ってきてつけたのだが
目をはなすと、すぐに脱いでビリビリに破いてしまう。
仕方がないので、乙女用パンツを今日買ってきた。
乙女用パンツは2種類しか売ってなかったので、
悩むこともできずにこの2枚を購入。
もともと、このパンツは無地で全く可愛くない。
そんな時には、はんこだ!
そこで、ハートとぱんだのはんこを押してみた。
ついでに、PURIN と名前もいれてみたら
少しは可愛くなった。

水仙とぷりんパンツ 023

後ろ姿のぷりん!
かなりの短足だ!
プロレスラーに見えるのは気のせいか!

水仙とぷりんパンツ 021

只今ぷりんブルーデー

ブログ用 027

顔ピッチャーです。
家ではスティックシュガー入れにしています。
ミルクを入れてもいいかもね。

昨日のブログで、体の具合が悪いと訴えていた私だったが
やはり、あのあと熱を測ったら37,7度あった。
しかし、私はだるびっしゅな体を引きずりながら夜ご飯を作った。
夜ごはんの頃旦那が帰ってきたので、ごはんを食べたら息子と
お風呂に入っちゃってと頼んだのだが・・・
ごはんを食べたあと、旦那は2階の自分の部屋に行き戻ってこない。
早くお風呂に入ってくれ~と言いに、2階の部屋で私が見たものは・・・
ガーガーと寝ている旦那の姿だった。
頭にきた私は「起きてよ、私熱があるんだから けんと とお風呂に入っちゃってよ」
と大声で言ってみたが全く起きず、大声を出した私は少しクラクラした。
もういいよ、あんたに頼んだ私がばかだった。と自分に言い聞かせ
結局、私が息子とお風呂に入った。
お風呂を出て、やっと寝れると2階の部屋に入ったら、
さっきと同じ格好で寝ている、旦那の姿が目にはいった・・・
・・・・そのまま一生目をさますな・・・・
心の中で一瞬殺意が芽生えたよ・・・・・・

長年夫婦をやってると、生活のなかで多々殺意が芽生える。

くわばら・・くわばら・・

     ゆめゆめ ゆだん めさらぬよう

ブログ用 014

顔チビカップ!息子用。
前の頃はよく使っていたが、チビカップなので
あまり量が入らず、何度もおかわりをされ、
それが面倒くさくなり今はあんまり使ってない。

今日は家庭訪問だった。息子の先生がさっき帰ったばかり。
朝から念入りの掃除で疲れた~。
それに、昨日から喉が痛い、鼻水もでてきた。
足腰がだるびっしゅだ!
・・・・風邪だ!
 風邪をひいちまったようだ!
ゴールデンウィークを目前になんてこった!
なんとか早急に治さなければ。
あっ!でも!
風~邪~薬~が~な~い~か~も~!
ということなので、今から風邪薬を探します。
なかったら、こんな体調が悪い体を引きずりながら
買いにいかなくちゃ・・・
オーマイゴーッ(ToT)



ブログ用 015

植木鉢です。

うちの父に作ってくれと言われて作った植木鉢。
ありがたみが増すだろうと名前までつけてあげた。
その名も 「清雲」(せいうん)
しかし、その名をきいた父は、
「なんだか線香みたいだな~」
などど言っていた。
たしかに!しかし、字が違う!
お線香のせいうんは 青雲 でこの植木鉢は 「清雲」なのだ。
父にそのことを説明したが、
「書いてないからわかんねえな!」
などと言っていた。
すっかり、ありがたみが消えてしまったので、
「もういいよ、じゃあこの清雲は売るから」と私が言ったら
「なんだよ、線香でもなんでもいいよ、植えるやつがあるから。」と
父が言うので、父にやった。
結局欲しかったのなら、最初から素直に「立派な名前だな~」と
褒めればいいものを、年をとってくると一言よけいだ。

最初は小さい松の盆栽を植えていたのだが、それが大きくなったため
その松は植え替えられ、結局今では
この多肉植物が植えられている・・・
清雲に幸あれ!

ブログ用 103

白いトレーナーに布ペンと布クレヨンで書きました。
写真だと色がうすく見えるけど、実物はもう少しはっきりしてるかな。

私はいつも突然何かを描きたくなったり作りたくなる。
油絵を描きたくなるのは1年に1回くらい。
その時は昔使っていた道具をとりだし、硬くなってしまった絵の具を
なんとかオイルで溶かしながら描く!
服に絵を描きたくなるのも突然やってくる。1年に3~4回だ。
突然やってくるので、無地の服を2~3枚ストックしている。
息子の服に描くので(自分の服には決して描かない)
ワンサイズ大きい服をストックしている。(成長期のため)
あとは、ぬいぐるみ作りだったり、かたつむりの殻が秋になると
庭に落ちているので、それをきれいに洗い乾かし、ペイントして
オブジェ風にして額にはりつけたり、まあ色々なのだが、
どういう訳か料理系の創作意欲は全くわかない!

思い起こせば、小学生のときも中学生の時も高校生の時も
よく学校をずる休みして、家で何かを作っていたっけ。
フェルトでマスコットを作ったり、板を彫刻刀で彫り壁掛けを作ったり
紙粘土で置物を作ったりと母に見つからないように
ベッドの上でこっそりやってたね~。

何かを作りたいと思った時に作るといい作品が出来やすい。
集中力がちがうんだね。

陶芸の人形もしばらく作ってないので、もうほんといいかげん
作らなければならないのだが、いい作品を作るため、
ただただ、じ~っと作りたくなるのを待っている今日この頃。

あ~でも、今日は消しごむはんこの気分だねぇ~





アトリエ赤赤舎 013

 かば吉

遠くをみつめてなに思ふ
ぽかりとうかぶ白い雲
ゆっくりぽくぽく流れてく
あれにのったらあえるかな

ふわふわそよ風ほほ撫でて
桜の花びらくうに舞う
くるりんくるりん舞っていく
あれを追ったらあえるかな

ゆらゆらまたたく水平線
もくもくけむりの蒸気船
どんどんちっちゃく消えていく
あれにのったらあえるよね

おぼえているのはぬくもりと
ふわふわあまい香りだけ
はやくあえるといいのにな
はやくあいたいお母さん
                byかば吉

ブログ用 228

タカ&トシの、らいおんのはんこ。
最近は欧米か!ってやんないね。

さあて、今日は何を書こうと思っていたら、
私の近くで、息子がなにやらじい(私の父)としゃべっている。

(息子)・・・ねぇじいちゃん、眉毛食べたことある?
(じい)・・・あるよ!
(息子)・・・俺もある!味しないよね。
(じい)・・・いや、俺のは少し香ばしかった。
(息子)・・・じいちゃんは色が黒いからこげてるからだ!
(じい)・・・違うよ、そういう香ばしいじゃなく俺のようにさわやかな香ばしさだよ。
       1本食べてみるか?
(息子)・・・え~っじいちゃん黒こげあぶらだからな~
(じい)・・・大丈夫だ!さわやかになるぞ~
(私)・・・・ばかなことやってんじゃないよ!2人ともばかだね!!

毎日、こんなことを繰り返してる2人は私の父と息子です(ToT)


アトリエ赤赤舎 010

トーテイポールンです。
守り神です。

昔々のその昔、
仲の良い3兄弟がおりました。
どこに行くのも一緒、何をするのも一緒、
ある時、一番下の弟がお兄さん達のために魚を取ろうと川へ行き
足をすべらせ川に落ち、帰らぬ人になりました。
お兄さん達は泣きながら山のてっぺんに弟の亡骸を埋めました。
いつも3人一緒だったお兄さん達は、そこから離れることが出来ず、
100日間何も食べずに泣きつづけ、ある日とうとう2人とも
帰らぬ人になりました。
それを知った村の人達は3兄弟を哀れに思い、
山のてっぺんにメモリアル像を建てました。
村人達は何か家族や友達との間で、ケンカやもめごとなどがあると
このメモリアル像の所にやってきて、どうすればいいのか
相談するようになりました。
そして、いつしかこのメモリアル像のことを人々は
  トーテイポールン と呼ぶようになるのでした。
昔々のその昔、ピプラリン国のガンダラ族に伝わるお話。

(注)トーテイポールン・・・・ガンダラ語で絆という意味

               [ ぱんだぷりんの夢伝説より ]

アトリエ赤赤舎 017

私の名前はベロリー
別に、あっかんべーをしてるわけではないの、
べろがとっても長いだけ。
あっ、でもこのべろはとっても役にたってるの。
木になってる木の実や果物を長いべろで取ることができるわ。
それに、私が傷口を舐めると治りがすんごくはやいんですって!
だから、怪我をしたらみんな私のとこにやってくる。
もし、あたなも怪我をしたら一度私の所にくるといいわ。
私がペロンと舐めてあげる。
お礼とか、そんなことは気にしないで、
みんなの怪我がはやく治ってくれれば、私はそれで満足だから。
でも、そう言ってもみんな色々と持ってきてくれるのよね、
今の季節だとイチゴとかが多いわ、
でもね、そんなにたくさんイチゴばかり貰っても食べきれないもの、
もし、どうしてもっていうなら、そうねぇ~商品券がいいわ。
あっ、この頭の上のつのみたいなのは何かですって、
これは、つのじゃないの、耳なのよ。かわいいでしょ!
私のチャームポイントっていうところかしら。
あ~、この手の上の黒い丸いのはね、
よーく見てみて、顔があるでしよ、
ちび顔君って呼んでるの、一緒に暮らしてるのよ、
寝る時は私のお腹、穴が開いてるでしょ、ここに入って寝るの。
血はつながってないけど、天涯孤独の似たもの同士、
今では大事な家族なの。
ちょっとしんみりしちゃったわね。
同情は無しよ、私、今、とっても幸せなんだから。
そうそう、商品券よ、忘れないでね!

ブログ用 007

フリーカップ!
たまには私も普通の物を作ります!

ブログ用 008

ちょっと歪んでるのも計算です(笑)
お客さんにコーヒーや紅茶などを入れて出します。


しかーし!上から覗くと

ブログ用 009

カップの中に何かが!!

ブログ用 010

顔です!

コーヒーを入れてだすと、最初顔が見えません。
だんだん飲んでいくうちに、顔が出現!!
だいたいの人が「何だこれ!何か入ってる!」
と言いはじめ、「顔付カップです」と説明すると
顔をよく見ようときれいに飲んでくれます!
私の作るカップにはだいたい付けてます。
そのうち特許申請をしようか考え中・・・(笑)

ブログ用 224

藤崎マーケットのはんこ!
息子に頼まれ作りました。(似てないね・・・)

うちの息子はかなりお笑いが大好きで、
芸人が出るTVを見逃すことがないよう、毎日新聞のTV欄をチェックする。
そして、見逃せない番組はビデオに録画する。
その結果、ビデオテープがかなり増えてもうしまっておくスペースがない。
「昔のは見ないんだから昔のテープにダビングすれば。」と言っても、
「オレそうゆうのやなんだ~、上書きダビングすると画像悪くなるじゃん。」
などと、生意気なことを言う始末。
そのうち、こっそり捨ててやる・・・

さて、そういうわけで私もお笑い番組をいつも見せられてるので、
最近の若手の芸人の名前を覚えたり、こいつはおもしろいとか
消えるな、とかわかるようになってきた。
このはんこの藤崎マーケットは、初めは面白くなかったのだが、
だんだんみてるうちに面白くなってきて、
ある日、息子に「ラ~イ、」などとふってみたのだが、息子はノリが悪く、
冷たくあしらわれた・・・・
私はめげもせず、「そうだ、この踊りを完璧に覚えて
息子にみせてやろう!」と思い、さっそく息子がいる部屋から出て
廊下でこっそり練習をしてみた。
しかし結構難しく、10分位やってみたがあんまり上手く出来ない。
「まあいいや、またあとから練習しよう」と思い部屋に戻ったら
息子が「ママ。ラララ、ライ!の踊り練習してたの?」と言ってる。
私が「なんで知ってんの?」と聞いたら、
「ドアに写ってたよ」
・・・・・・・・そう、そこのドアはすりガラスだった。
全部見られていた・・・
かなり、恥ずかしかった・・・
親の威厳を失った瞬間だった・・・

アトリエ赤赤舎 011


みんなが知ってる人魚姫の物語
愛する王子を殺せずに
泡となって 消えていった 人魚姫
物語はそこでおしまい・・・・
ではないんです。
誰も知らなかった、人魚姫のその後の物語を
そぉっとお話いたしましょう。

泡となった人魚姫は、愛する王子とその横で幸せそうに
微笑んでいる王子の妃をみつめていました。
「これでいいのよ」何度も自分に言い聞かせ
人魚姫が天の神様の所へと行こうとした時
美しい歌声が聞こえてきました。
妃の歌声でした。
その歌は愛と歓喜に満ち溢れ、
王子はその妃の歌声に酔いしれてうっとりと妃を見つめています。
人魚姫の目から涙がこぼれました。
「海で溺れてた王子を助けたのは私、あの女じゃない。」
「王子に会うため声まで失ったのに、あの女は王子の脇に寄り添い
ながら歌をうたってる、あんなに美しい声で・・・・」
人魚姫は、天に行くのをやめ、海にむかって姉達を呼びつづけました。
5人の姉達は海面から姿をあらわし人魚姫に言いました。
「これがラストチャンスよ、魔法使いからもらったこの薬であなたは5分間だけ
人間に戻れるわ、そしてこんどこそ王子をこの剣で殺すのよ」
5人の姉たちは長くて美しかった髪だけではなく、宝石のように輝いていた
自慢のうろこと交換にこの薬を手に入れてくれたのでした。
人魚姫は薬をふりかけてもらい、人間の姿に戻り、
妃の歌声に酔いしれている王子の背中を剣で一突きしたのでした。
泣き叫ぶ妃を無視し、人魚姫は王子の亡骸を抱え姉達の待つ
海の中へと帰っていくのでした。
人魚の国へと戻ってきた人魚姫は幸せでした。
人魚姫は王子の亡骸をガラスの棺に入れ、毎日話しかけ、歌をうたいます。

   わたしの声をきかせてあげる・・・
   わたしがいつも見つめてあげる・・・
   あなたをずっと愛してあげる・・・・
   あなたは永遠にわたしだけのものだから・・・・

                     [ その後の人魚姫・・・ 著者 ぱんだぷりん ]

アトリエ赤赤舎 003

カモンマネーキャット&ピッグ!
招き猫でも、招く猫でもなく、なぜ、カモンマネーキャット
なのかというと、
見づらいかもしれないけど、この子達が持っているのは
小判ではなく、$(ドル)だからです。
株をやっている方にはぜひお薦めの一品です。


      「米事件勃発」

穏やかな休日の朝だった・・・
そう、あの米が届くまでは・・・・

息子と朝食をすませ、洗濯をし、そろそろ掃除機でもかけようか
いつものまったりとしたかわりばえのない休日。
玄関のチャイムが鳴り、出てみるとお米屋さんだった。
昨日、お米を注文していたので、配達にきたのだ。
お金を払い、玄関の廊下に置いてもらう。
さて、お米屋さんが帰ったあと、この20kgのお米を台所まで
運ぶのは大変だ。
一人では無理なので、そこに置きっぱなしにしておいた。
しばらくすると母が「お米運ぶから手伝いな」と言っているので
2人で運ぶことになり、台所へ運んだ。
ついでに米びつに入れちゃおうということになり、
米びつのふたを開け、重いお米を2人で持ち上げ
米びつの中へ「ザザーッ」と入れた瞬間。
お米の袋がまるで カマイタチ にでも斬られたかのように
スパッと斬れ、あっという間に台所がお米の海と化した・・・
「ありゃりゃ~」と叫ぶ母。
呆然と立ち尽くす私。
興奮しながら生米を食うぷりん。
5秒で我に返り、息子にぷりんをサークルに入れて!と指示を出し、
母と2人で上の方のお米をそ~っとすくい米びつに入れるという
地味な作業を繰り返していると、父の「お客さんだよ~」という声が聞こえてきた。
母はつかさず「は~い。今行く!」と返事をし、「あとは任せた。」と
私に言い残し行ってしまった・・・
1人残された私は、お米の上の方をすくうという果てしなく地味な作業を
終えたあと、床についてるお米は汚いので別の入れ物に入れ
あとは掃除機で吸い取った。

こうして私の穏やかな休日は一揆に消え去り、
かわりに軽い頭痛がやってきた・・・・・・


 

ブログ用 022

ふとし茶碗!
私が昔、陶芸をはじめた頃、弟用にと作ってあげたお茶碗。
こんな顔をしてたのでこんな顔のお茶碗になりました。
しかし弟は姉の思いを全く無視し、「なんだこれ~俺こんな顔してね~」
とか、「ご飯があんまり入んね~使いづらい~」とか
文句を言ったので、「じゃあ使うな!」と引き出しの奥に封印し
最近まで日の目をみることがなかった ふとし茶碗。
先日、私が使っていたお茶碗を割ってしまうという
ハプニングのおかげで、10何年かぶりに日の目を見ることができ、
今では毎日、使われて嬉しそうな ふとし茶碗。
だけど私はあまりにもこの顔が弟そっくりなので、使うときは
顔の方を向こうにむけて使っている。
自分の方に向けて使うと気持ち悪いからだ。
息子もこの茶碗をみた時、「うわ~あんちゃんそっくり~」といって
ウケていた。
私の弟 ふとし はこんな顔なのだ!   
                       ざんねん!!
  

ブログ用 222
リンカーンのはんこ
火曜日の10時からTVでやってる「リンカーン」のキャラクターです。
これも息子に頼まれ作ったはんこ。
なんだかすごく細かくて視力が0.1くらいは悪くなった気がする。

ここんとこ、ずっと雨だったのでぷりんは散歩に行けず有り余ってる
エネルギーを家中を猛ダッシュするという行為でまぎらわしていた。
そして今日、雨があがったので、「ドロドロになるな~」とは思ったが
散歩に連れて行った。
そして、やはり、ドロドロになった。
散歩に行くたび帰ってきてから、両手両足を洗うのはめんどくさい。
よく川の中に腰まで入って釣りをする人が履いている、
へんな吊りズボンみたいなやつの犬バージョンがあればいいのに!
そしたら買うのに。
犬の靴はみたことがあるが、あんなの履いて
ちゃんと歩く犬は少ないだろう。
やっぱり、吊りズボンふうになっていて、長靴みたいなのがくっついている
というのがポイント高いね。

あ~もうお昼になる。
お昼ごはんを作らなくてはいけない・・・
めんどくさいなぁ~
うちは自営業なので、両親がいつも家にいる。
だから毎日お昼ごはんも作らなくてはいけない。
それが結構めんどくさい。
あ~あ、お昼ごはん何にしよう・・・顔



アトリエ赤赤舎 004

「ラビタン」

ラビタンは怖いよ~
何百年も生きていて~
今まで一度も寝たことないよ~

ラビタンは速いよ~
マッハゴーのスピードで~
狙った獲物を捕らえて食うよ~

ラビタンは寂しいよ~
みんなラビタン怖がって~
友達一人もいないんだよ~

ラビタンは気づいたよ~
誰も食わなきゃいいんだって~
ベジタリアンになったんだよ~

           ( ラビタン哀愁歌  作 ぱんだぷりん )

ブログ用 019

これが昨日言ってた 守り鬼です。
お腹のとこにある、黒い丸い玉には
家族の名前が刻み込んであります。
この守り鬼、雨の日も風の日も家族の健康と幸せを日々祈って
くれている尊い鬼です。

そしてこれが番人達!
ブログ用 017


ブログ用 018

この白鬼と黒鬼は番人というより
守り鬼の弟子です。
日々修行にはげんでいます。

こうして我が家はこの者達に守られ平穏に暮らせています。
ヨカッタ、ヨカッタ、メデタシ、メデタシ。

ブログ用 021

シェー河童です。
何をかくそう、この河童はうちの守り河童で
10年以上前から、家の庭にある池のほとりに座り込み
うちを守ってくれています。
悪い運気がうちに入ろうとするのを
「シェー」という奇声を発しながら追い払ってくれる
頼もしいやつです。

もう一人池のほとりに「守り鬼」と番人達がいるんですが
それは明日紹介しましょう。

なぜかというと、私もうすぐ出かけなくてはいけないので
つづきは明日にします。
この激しい大雨の中、友達とランチに行って来ます。
ビショビショになりながら食べてきます。
なぜ、違う日にしないのかと思われる方もいると思いますが、
いいんです!
それがママランチの醍醐味だから!

ブログ用 223

なんでも受け流す男
ムーディ勝山のはんこ。

さっき、このブログをやっていたら、PCの電源が突然切れた・・・
やばい!これはひじょーにやばい前ぶれだ。
このPCは買ってから、5年半経つ。
買ってから、3年半後の頃、やはり使っている途中で
電源が切れるということが度々あり、それでも騙し騙し使っていたのだが
とうとう、PCがつかなくなり、5年保障にはいっていたので修理にだした。
直って戻ってきたのだが、1年後また電源が切れ始め、またもや騙し騙し
使っていたがやはりそれが激しくなり
5年保障が切れる4日前に修理に出した。
そして2日前!
PCをたちあげてる時電源が切れたのだが、
私は見なかったことにしようと思い、何事もなかったかのように
PCの電源を入れた・・・
しかーし!ブログをやってる今、このままではいけない。
とうとう新しいPCを買う時がきたのか!
ウオォー、ボーナスまで
持ちこたえられるかPCよ。
何を買えばいいかわかんないし、今使ってる状態をそのままそっくり
新しいPCに移し変えてもらわなければ、私にはどうしていいかわからん!
お店の人にすべてをたくすしかあるまい・・・
あ”-今から、電気屋のチラシでもみるか~
いざとなったら、携帯からブログを書くという手段もあるね。
PCって高いくせにこんなに壊れるなんてまったくやんなっちゃうね!
でも、きっとこのPC完全にハズレだったんだよねぇ。
あ~あ やれやれだよ!




ブログ用 016

招きではなく、招く猫です。
効き目は同じです。

今日は、旦那が休みなのでぷりんの散歩を命じて
今、行かせた。
その間にブログをやっちゃおうと今、まさにブログをやっているのだが
外から旦那の「オーイ、ママ~」と言う声が聞こえてる。
聞こえないふりをしよう・・
また騒いでる。
うるさいのでベランダから「何?」と聞いてみたら
「近所、何周すればいいんだ~?」と言っている。
「ぷりんと相談して。」と言っておいた。
うちの旦那はいちいちなんでも聞いてきてめんどくさい。
息子も全く同じだ。
しかし息子は聞いてきて、私が「こうだよ」とか「こうした方がいいんじゃない。」
と言えば、「そうだね」と素直に聞き入れるのでまだかわいい。
しかーし、旦那は違う!
どうでもいいようなことを、しょっちゅう聞いてくる、そして私がそれに答える。
しかし!
全く、私の意見を聞き入れない。
   じゃあ聞くなぁー!!
何度、この言葉を旦那に言ったことだろう・・・
でもね、やはりこの言葉も旦那の脳にはインプットされず、
私は、なかばあきらめ、旦那との会話はテキトーに流すことにしている。


   結婚は あきらめながら 年かさね
       ふと横みれば よぼよぼじじい
              (ぱんだぷりん心の嘆き短歌集より)      

ブログ用 225

お笑いの たむらけんじ 
略して、たむけんのはんこ ちゃ~

別に、こんなはんこ作りたくないんだけどさー
息子に作ってと頼まれ作ってみた。
お笑い好きの息子はよく、芸人のはんこを作ってくれと言う。
顔を似せるのが難しいし、作っててあんまり楽しくないので
気分がのってる時しか作ってやらない。
この時は気分がのっていたので作ってやった。

今日は斜め前の家の娘さんの結婚式だ。
朝から親戚らしき人が集まって、バスに乗って午前中に出かけて行った。
午後2時、うちの庭をゴールデンレトリバーが駆け回っている。
・・・・斜め前の家の犬 ベルだ!!
脱走か!!
母もみつけ「なんかでっかい犬がいるよ」と騒いでいる。
捕まえねば!!
急いで外に出たらもう姿をくらましていた。
母が「あっちの方へ駆けて行った」と指さした方へ急いで私も駆けて行き、
「ベ~ル~、ベ~ル~」と呼びながら近所を探索していたら
配達していた郵便さんに「バウバウ」と飛びついている所を発見!
「ベ~ル~ゥ」と呼びかけたら、今度は私に突進してきた!
ゴールデンレトリバーのでかさにちょっとびびったが、
ここで逃がすわけにはいかないので、「ベ~ル~」と言いながら抱擁。
郵便屋さんに「すいません」と謝罪(何で私が・・・)
綱がなかったので、首輪に手をかけ引っ張って行こうかとも思ったが、
無理に引っ張って噛まれたら嫌なので、「ベ~ル~」と言いながら、
抱擁したまま、ベルはほとんど立った状態で歩かせ、ベルの家まで連れて帰った。
連れてきたはいいが、ベルを何処へつないどけばいいんだ?
ベルがつながれてた綱は切れていた・・・
ちょうど、洗濯を干すテラスの鍵が開いていて網戸になっていたので
そこへ入れ、ドアを閉めた。
暑そうだったので、水もくんで入れてやった。
ドアをがりがりやったら、開いてしましそうだったので、そこら辺にあった
花が植えてある植木鉢を片っ端からドアの前に置いた。
これで大丈夫だろう。

家に帰ってきたらぷりんが狂ったように私の匂いををかぎまわってた。
ふぅ~ つかれた。
 

ブログ用 003

デビカップです。
こっち側が男の子。


ブログ用 004

そして、こっち側が
女の子です。
ちゃんと、おっぱいがあります。

息子用にと作ってあげたのだが、
イマイチ、安定感が弱く、
しょっちゅう倒れていたので
今は私がお茶を飲む時に使ってます。

今日は離任式で学校だった。
桜の季節は別れの季節でもあるね~。
私にも別れるのがつらかった忘れられない
離任式の思い出があるよ~


  春風と 共に去り行く 我が恩師
                  (ぱんだぷりん オチなしの一句)

渋く、決まったところで、以上!

ブログ用 082

ダックスン何か入れ!
写真はお花を挿してみましたが
ほんとは楊子入れにしようと思って作った作品

今日は暖かい1日になりそうだ。
花粉は今週がピークらしい。

朝っぱらから母が資源ごみの整理をしていた。
いやな雲行きだ・・・
だいたい母が片付けをはじめると、私に文句を言い始める。
「まったく、あんたは何回言ってもアルミ缶もスチール缶もゴチャゴチャにして!
お母さんがきれいに分けてもあんたがゴチャゴチャにするから!
まったく、もう、自分でやりな!」
いつものことなので、軽く聞き流しながらぷりんの散歩という
手段を使い逃げた。
いつもより、たっぷりと時間をかけ散歩から帰ったら
きれいに分けられた缶が大きい袋2つに入れられ、
わざとらしく玄関においてあったので「はいはい、私が物置に置きに行くのね」
と思い、物置にしまってきた。
私、何歳なんだっけ・・・
この年になってもしょっちゅう母に怒られているのはなぜ?
母に怒られている私をみて、息子が「また、ばあちゃんに怒られてるね」
と言ってきた。
「何歳になってもばあちゃんからみれば、ママは娘だからいいんだよ」
と苦しい言い訳をしてみたが。
息子はいつも怒られている私をみて、怒られた時の対処の仕方を
学習している。
まさに、「親の背をみて子は育つ」だ!

ブログ用 154

これは息子が幼稚園の頃つくったキーホルダー!?
題は、「TVくん」

今日は息子のことについて話そう。

人生は時に、どうにもならない現実をつきつけてくる。
両親に愛され、特別不自由なこともなく、だいたいのことは自分の思い通りに生きてきた。
25歳で結婚し、半年後、待望の妊娠。
喜びもつかの間、ずっと出血がつづき絶対安静の毎日、妊娠6ヶ月でやっと出血が止まったと
思ったら、1ヶ月後羊水の水が少しづつ出てきてしまい緊急入院。
そして1ヵ月後、予定日より78日も早く1032gの息子を出産。
NICUに3ヶ月入院し、待ちに待った退院の日、先生から告げられた。
・・・・・足に障害がでるかもしれません・・・・
私は鉄の塊で頭を殴られたかのような衝撃をうけ、息子を抱きしめ家に帰った。
そのことは旦那以外のだれにも言わなかった。言ってしまうとそれが現実になってしまうから。
鉛を飲み込んでしまったかのような、
重い心のまま1年と半年が過ぎた・・・
・・・・・全く歩けない息子をこのままにしておくわけにはいかない。
やっと、少しづつ息子の障害を受け入れられるようになり、
足の訓練施設や色んな病院のリハビリに通い、幼稚園の時手術を受け、
おぼつかない足どりではあるが歩けるようになった。
小学校も悩んだ末、普通の近所の小学校に通わせることにし、
入学式の日から現在まで、私が教室まで送り迎えしている。
1年生の頃は1日教室の後ろにイスを用意してもらって一緒に授業を受けていたし、
今も夏のプールの時は付きそわなくてはならない。
最初の頃は大変だよと思っていたが、今では全く苦にならなくなった。
息子の学校での生活や同じ学年の子達のこともよく分かるからだ。
でもなにより私が感じているのは、同級生達のやさしさだ。
体育の着替えにほっときゃ10分もかかる息子の着替えを手伝ってくれたり、
移動教室の時、教科書や筆箱を持ってくれたり、外に出なくちゃいけない時
靴の脱ぎ履きを手伝ってくれたり、みんなそういう手助けをじつにサラリと当たり前のように
してくれる。私は何度この子達に救われたことだろう。
小さい頃からハンデキャプのある子と接していると、こんなにも当たり前のように
困っている人がいれば手伝える子になるんだね。
私も息子の足のことを聞かれれば、正直に事実を話してきた。
息子にも小さい頃から足のことを正直に話してきたし、全く恥じることも卑屈になることも
ないよと、話してきた。
おかげで息子は、足が少し不自由な自分というものを当たり前のように受け入れているようだ。
私もここまでくるのに、たくさんの色んな思いをしてきた。
正直に言うと、まだ私の心の中には鉛がある。今はちっちゃくて気づかないくらいだけど、
何かあるとすぐ大きくなってしまう。
きっとこの心の鉛はきえることはないだろう。
そしてこれからも色んなことがあるだろう。
でも、鉛が大きくなった時、私は自分に言い聞かせる。
・・・大丈夫、私がお母さんだから、大丈夫・・・・

ブログ用 219

マトリョーシカのはんこ!
10個作ったよ。

マトリョーシカって可愛くて大好き!
どんどん小さいのが出てきてワクワクする。

で、このはんこを作ったわけなのだが、
出来上がって息子に「見て!出来た、マトリョーシカのはんこだよ」
と言ったら「おーマトリョーシカだ」と心のこもってない一言だったので
なんかもっと感動の言葉がほしいんだよと思い
「10個だよ、10個!大変だったよ。」と言ってみたら
「一番ちっちゃいの虫みてぇ」と言われ
私がもうお前の感想は求めないよと思っていたら
「ところで、このはんこ何に使うの?」と聞いてきた。
何に使う?
何に使うと聞かれても・・・
作りたいから作った、それだけだ・・・
でも、きっとそのうち何かに使おう!
思いつかない時は息子のパンツにでも押しとこう。

ブログ用 220

うちのマトリョーシカ
真ん中の列のマトリョーシカは私が描いたマトちゃん達!
白木のなにも書いてないマトリョーシカを買ってきて
ステンシル用の絵の具で描きニスを塗って完成。

マトリョーシカ集めたいけど、結構高いんだよねぇ~
集めてる物が多すぎる私、そして働いてもいない私、
お金がない私、旦那の小遣いを減らす私。